【宇部線BRT化】宇部線は本当に廃止されるのか?



トップページ 宇部線について BRT化への背景 BRT化宣言経緯 誰の提案なのか? 提案・要望窓口
 

  誰の提案なのか?



■「BRT」化ありき?の宇部市長記者会見■

意外だったのは、宇部線の廃止、「BRT」化、次世代交通システムの導入など文言が、これまでの市の総合計画や交通関係の計画には全く存在しないことだ。

関係すると思われる、下記文書を読んでみたが、上記の文言は存在しない。
・宇部市地域公共交通網形成計画(2016年3月)
・宇部市地域公共交通再編実施計画(2017年3月)
・第四次宇部市総合計画後期実行計画(2018年6月)
・宇部市立地適正化計画(2019年3月)

にもかかわらず、久保田市長は、2019年1月15日の記者会見にて、「2018年5月から勉強会を開催しており、JR西日本とも、6回にわたり協議した」と話している。 そして、はっきりと、「できるだけ早い時期に」、「2035年度をめど」に、鉄道をBRT化すると表明した。

既存の市の計画にも全くない内容を、議会や市民に何の説明もなく行動されていることは確かだ。
ことが「宇部線廃止」という超重要案件にも関わらずである。

久保田市長にとっては、2019年3月の市議会で、BRT調査費が計上された新年度予算が承認されたので、遅まきながら議会のお墨付きを得たと考えていることだろう。

更に、不可解なのは、沿線自治体の山陽小野田市・山口市また、山口県からの声が一切上がってこないことだ。

一番の当事者である、JR西日本にいたっては、報道機関の質問に対して、「廃線ありきで考えているわけではない」と話している。

久保田市長は、既に協議を始めていると話しているが、JRは、正式に何の発表もしていないので、何の協議をしているか全く不明。
せめて、ホームページに議論の概要でもアップしたらと思うが、2019年6月末現在そのようなサイトはアップされていない。

なお、2019年6月3日に宇部市が告示した「次世代公共交通システム導入検討調査業務委託に係る公募型プロポーザル」の仕様書の中に、「西日本旅客鉄道株式会社が検討した鉄道等の資料の 提供を受ける」とあるので、いつの時期か、JR西日本から宇部市に何らかの提案があったと推測される。
※これもホームページでぜひ公開してもらいたい。




  <私の推測ですが>
JR西日本としては、「これ以上利用者が減少すれば(宇部市が利用促進に本気にならなければ)「上下分離等」の廃止(インフラは地元・運行はJR)もありうる。その中の選択枝のひとつとして廃止代行バス「BRT」がある」と申し入れしたのではないか(これが、2018年度のはじめごろ?)

これに、パフォーマンスが上手い久保田市長が、一見先進的なイメージがする「BRT」(宇部線廃止)化という文言に飛びつき、隣接自治体やJR西日本を驚かせ、市役所の担当職員たちを困惑させているのではないだろうか?

また、無関心なのか、議会や議員においても、宇部線廃止反対の声が上がっていないことだ。
無関心か又は本当に、久保田市長同様、宇部線はもう必要ないと思っている?

2019年3月の市議会では、「井筒屋閉店」というトピックスに隠れても、3人の議員から質問はあったが、明確に反対に意思は示されたと見えない。

下記から発言内容が詳細に閲覧できるので「BRT」と入れてご覧になってほしい。
宇部市議会 会議録検索システムhttps://ssp.kaigiroku.net/tenant/ube/pg/index.html

宇部市長がJRから耳打ちされた?「BRT」とは、宇部線を廃止して、廃線跡にバスを走らせるというもの。久保田市長は、そもそも「BRT」のことをよく知らないのではないだろうか。

鉄道より、スピードが遅くなるのは確実で、新会社で運行となれば運賃が高くなる可能性が高い。

JRも、不採算路線に対し、地元に廃止を提案する際、完全廃止では到底受け入れらないとわかっている。そこで、軌道跡にバスを走らせる案の名を、近年海外で評判でイメージの良い「BRT」から取り、先進的な施策と打ってでているものだろう。

宇部市の担当職員の人は、「BRT」のことをよく市長に説明した方が良いだろう!
 JR西日本も、新幹線に接続する宇部線の廃止は本当は考えていないのではないかと思う。

 
  <本来の「BRT」とは>
「バス・ラピッド・トランジット」 交通の優先権を有し、短い運転時隔で多数の車両が運用され、大容量の都市公共輸送システムである。
BRTは、一般的には、平面道路でのバス専用車線(一部専用道路を含む)での優先権を行使して運用される。

下記は「BRTスタンダード」(交通開発政策研究所:アメリカ合衆国)による金賞を受賞したBRT一覧である。
これらの都市は、すべて、平面道路でのバス専用車線(一部専用道路を含む)である。
広州市(中国)
ボゴタ(コロンビア)
クリチバ(ブラジル)
リオデジャネイロ(ブラジル)
リマ(ペルー)
クリチバのBRT
ソウルのBRT
広州のBRT
宇部線廃止後の「代行バス」イメージ
JR気仙沼線・大船渡線廃止代行バス「BRT」
宇部線廃止後の「代行バス」イメージ
国鉄五新線(未成線)跡を走るバス
  







Copyright © 2019 【宇部線BRT化】宇部線は本当に廃止されるのか? All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座